屋内、屋外で水漏れなどの修理が出そうな場所

水漏れが起こる場所は家の中、外ともに何か所かあります。水の流れをスムーズにするためにいろんな部品や管が給湯器などの水回り商品に取り付けられています。

■屋内で水漏れ修理の必要となる場所

キッチンは食事の支度などのたびに水栓を使用しますし、使う頻度が多く水漏れ修理が必要となりやすい場所です。排水などの箇所も劣化しやすくなっています。お風呂は水栓や、温めた水を外から入れるために外気に触れやすい管、シャワーヘッドの接続部分などが使用頻度にともなって水漏れの可能性が高くなります。また、屋内に洗濯機などを置くときは洗濯機周辺にも注意をすることが必要です。
洗面所も歯を磨くなど毎日使う場所なので、水漏れなどが起こる可能性の高い場所です。風呂場のように水漏れがあっても床がタイル張りなら大丈夫ですが、木の床に設置されている洗面台などの場合は水漏れなどが起こると処理が大変になります。
トイレは汚物処理のために設置されている場所であり、外の排水管とつながっていたりするので、修理が必要となる箇所の多い場所です。水洗のようにタンクの圧が常にかかっていたりする所は普段から気をつける必要があります。放っておくと水道代にもかなり響いてきます。
    
■屋外で水漏れなどの修理が必要となる場所

屋外水栓柱は小さな柱のようなものに取り付けられている水道です。庭に水を撒いたり、泥の付いたりしたものを洗ったりするときに設置してある水回り場です。セメントなどで排水溝のまわりを固めていたりするので、水回り部品だけでなくセメントの割れなどで水漏れを起こす可能性があります。屋根があればいいですが、水道に直射日光が照りつけたり風雪があたって凍結したりする所などでは、屋内よりも部品の劣化などが早くなります。
排水管はたいていは土の中に埋められていますが、中にはむき出しに近い状態になってしまっているところもあります。むき出しの部分はできれば何かで隠した方がいいでしょう。
給湯器も水回りの中でガスや電気などとつながった機器ですので、給湯器 水漏れなどの注意がとても必要なところです。井戸水を汲み上げる井戸ポンプなどはあまり使われることはないですが、都会を離れるとまだ使用しているところが存在します。小さなマンホールのふたのある止水栓などもまれに不具合が起きることがあります。

■まとめ
水回りはふだん何気なく使っていても、水が漏れてきて使用できなくなると困ってしまう場所ばかりなので、もし修理が必要になれば本当に大変なこととなります。水回りの不具合は生活の流れまで変えてしまうことになりかねないため、業者へ依頼するなどして早めに修理を行うようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ