水漏れ、つまりなど修理が必要かもしれない症状

これはなんだろうと思うような水回りの変化に気づくことがあります。水回りの部品などは新しいときと比べて、古くなってくると音やシミなどが出てきます。それが問題のないものなら構いませんが、放っておくと大がかりな修理をしなければならなくなる可能性があります。場所によって表れやすい症状が異なるので、使用をするたびに自分でできる範囲にて観察をすることが大事なこととなります。

■屋内の水回りに出やすい症状

キッチンは、蛇口からの水漏れや、蛇口周辺の水栓部品の連結あたりから水が滴り落ちたり吹き出したりしている、水の出が悪くなった、などの症状が起こりやすい箇所です。ひどい場合は、蛇口 交換の可能性も考えられます。また、管の中の方で音がすることもあります。排水溝のところでは油が付着したり、いらない野菜くずなどがつまったりして排水溝が水を溜めた状態になり、圧で割けたりして水漏れなどを起こします。異臭が発生したりすることもあり、排水溝の下床が木などでできている場合はシミが付いたりして分かったりすることもあります。
洗面所もキッチンと同じく蛇口やハンドルからの水漏れ、異臭などが発生しやすくなります。洗面台の下に物品入れが付いていることもありますが、木の床などでできている場合は、ここにシミがついていたりすると水漏れに気づくことがあるでしょう。
風呂場は蛇口、蛇口周辺からの水漏れ、シャワーヘッドからの水漏れ、シャワーヘッドやパイプの接続部分からの水の滴りや吹き出しなどが症状として挙げられます。外に近い風呂場だと水道管の音が聞き取れたりすることもあります。ゴボゴボなどと異音がしたら注意をしなければなりません。風呂場の床はタイル張りなど多いですが、蛇口下あたりのタイルがいつも濡れている状態なら水漏れなどをしている可能性があります。
トイレではタンクや便器から常に水が流れている、給水管の音がおかしいなどの症状があります。床にじわじわと黒いシミが浮き出してきたら見えない所で水漏れが起こっているかもしれません。汚物を流すとき排水管に異常が起こっていることも考えられます。
洗濯機を置いてあるところでは洗濯用蛇口からの水漏れ、排水の漏れにも注意をすることが必要です。

■屋外の水回りでの症状

屋外の水栓柱、排水管などは蛇口やその周辺で滴りや吹き出しが起こることが多く、これは屋内にある水回りと同じです。分かりやすいサインは、地面がいつも湿気を含んでいる、コンクリートでできた排水溝がいつも水で濡れているといったことです。外なので普段使わないと分かりにくいこともあります。凍結後は注意しなければなりませんし、赤い錆び水が出ている場合も修理が必要となります。日頃から何か変化が生じていないか気をつけるように心がけましょう。




■まとめ
たいていは蛇口やその周辺を触ることが多いので水漏れの箇所はそのあたりが多くなりますが、目に見えないところなどでも症状が発生することがあり、音やシミ、錆び水などで気がつくようになります。何かしらのサインに気づいたら、業者などへ修理を依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ